そばと巣鴨のことSoba tidbits & Sugamo guide

蕎麦は栄養に優れた健康食
何かと体に良いとされる蕎麦ですが、どのように良いのか代表的な栄養素をご紹介します。
蕎麦
・食物繊維
蕎麦粉には腸のお掃除をしてくれる「ヘミセルロース(食物繊維)」が含まれています。
食物繊維は便秘解消に効果絶大で、悪玉菌や有害物質を減らす作用もあります。
蕎麦1枚に含まれる食物繊維は約4,5gですが、さまざまな食品の中でも1回の食事で食物繊維摂れる量が一番多いと言われています。
・ルチン
そばの実の殻に多く含まれている「ルチン」はポリフェノールの一種です。
強力な抗酸化作用を持っている為、アンチエイジングや健康にも効果的。
更にビタミンCの吸収率を高めるので、美肌効果も期待できます。
ルチンの理想摂取量は1日約30mgですが、そば粉には100g中約100mgも含まれています。
・タンパク質
蕎麦は「畑の牛肉」とも言われるほど高タンパクな食品です。
そばの実に含まれるタンパク質は約11%となっていますが、これは白米の1.6倍にもなります。
量が多いだけでなく、タンパク質のバランスの良さを数値化した「アミノ酸スコア」は100点満点中 92点と高い数値を示しています。
巣鴨―歴史とおもてなしの心
「おばあちゃんの原宿」とも言われる巣鴨ですが、最近では若い方もよく訪れるようになりました。
巣鴨周辺には、歴史的人物を奉ったお寺や名所が随所にあり、たくさんのお店が並ぶ巣鴨地蔵通り商店街は、多くの人で賑わっています。
毎月「四」のつく日(4、14、24日)は巣鴨地蔵通り全体に露店が並ぶ縁日となっています。
そんな巣鴨は、古き良き日本の風景と文化、おもてなしの心を大切にしています。
巣鴨
  • とげぬき地蔵尊高岩寺

    とげぬき地蔵尊高岩寺

    「とげぬき地蔵」や「洗い観音」が有名なお寺(正式には曹洞宗萬頂山高岩寺)。現在、拝むことができる「とげぬき地蔵」は御影で実際の秘仏は一般では拝見できませんが、御影に祈願してもご利益があるとされています。毎日のように行列が途切れることがありません。

  • 飛鳥山公園

    飛鳥山公園

    八代将軍徳川吉宗の指示で、山桜1270本を植えさせ江戸庶民のためにこの地を花見の地にしたのが始まりといわれる公園。その後、明治6年に日本最初の公園に指定され、現在、飛鳥山全体で約650本の桜が見られます。児童公園には蒸気機関車や都電6080型車両が展示してあります。

  • 六義園

    六義園

    元禄15年(1702年)に、五代将軍綱吉に仕えた川越藩主柳沢吉保により築園された日本庭園。池、築山を中心に巡ることができる回遊式築山泉水庭園です。しだれ桜、つづじ、紅葉の名所として知られ、特にライトアップされる春と秋の時期は、連日多くの人々で賑わいます。

  • 江戸六地蔵尊眞性寺

    江戸六地蔵尊眞性寺

    江戸六地蔵尊の一つとして知られるこのお寺は、地蔵通り商店街入口手前に位置しています。起立年代不詳。元和元年(1615年)境内には松尾芭蕉の句の石碑があります。大きな傘をかぶり杖を持つお地蔵様は江戸の六街道の出入口に置かれ旅の安全を見守っていました。

  • 妙行寺

    妙行寺

    「東海道四谷怪談」で有名なお岩様の墓があるお寺です。歌舞伎や芝居等の上演前には、お岩様ゆかりのお寺や神社のお参りをしないと祟りがあると言われているそうですが、実際のお岩様は夫とも仲がよくそのお岩様の信仰のおかげで田宮家が栄えたという話も伝えられていてます。

  • 本妙寺

    本妙寺

    明暦3年(1657年)に発生し、約10万8000人の命を奪った史上最大の火事「明暦の大火(通称振袖火事)」の火元とされていますが、実際は幕府の要請により火元の汚名をかぶつたといわれています。境内には遠山の金さんこと遠山金四郎景元の墓などがあります。

ページ上部へ戻る

icon_arrow-top icon_arrow-bottom icon_arrow-right icon_arrow-left icon_arrow-double-right icon_arrow-double-left icon_arrow-b-top icon_arrow-b-right icon_arrow-b-bottom icon_arrow-b-left icon_twitter icon_facebook icon_line icon_exclamation-mark